社会

労基署、着替えも労働と是正勧告 イオン警備会社に

 警備現場で違法な長時間労働をさせたとして、9月に労働基準監督署から是正勧告を受けたイオングループの警備会社「イオンディライトセキュリティ」(大阪市)は12日、朝礼や着替えの時間を労働時間から除外し、賃金が未払いだったことなどについても勧告を受けたと公表した。

 同社によると、東京と福岡の3労基署が6カ所の現場を対象に、9月28日と29日付で勧告した。

 労基署は、引き継ぎの朝礼や制服に着替える時間は「労働時間に該当する」と指摘。同社は実態を調査し、今年5月末までの2年分を支払う。仮眠や休憩時間に対する未払いも、労働組合と対応を協議する。


(共同通信)