スポーツ

トランポリンの岸、銀を「実感」 日本代表が世界選手権から帰国

 トランポリンの世界選手権から帰国し、メダルを手に笑顔の(左から)森ひかる、岸彩乃、高木裕美=14日午後、東京都内のホテル

 トランポリンの世界選手権(ソフィア)でメダルを獲得した日本代表選手が14日に帰国して東京都内で記者会見し、五輪種目の女子個人で日本勢初の表彰台となる銀メダルに輝いた岸彩乃(金沢学院大ク)は「改めてメダルを獲得したと実感した」と笑みを見せた。

 決勝では「演技に入る前のジャンプの質や1本目の技の精度」に集中して得意の後半につなげたという。快挙の裏には強豪選手の失敗があったと分析し「実力で取れたとは思っていない。満足せず一年一年積み重ねたい」と謙虚に話した。

 非五輪種目のシンクロナイズドの女子で銀メダルとなった森ひかる、高木裕美組は自信をつけた様子だった。


(共同通信)