政治

尖閣の潜水艦は中国海軍所属 政府確認、駐日大使に厳重抗議

 中国国旗を掲揚して航行する潜水艦=12日午後、尖閣諸島北西の東シナ海(防衛省提供)

 日本政府は12日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を11日に潜った状態で航行した外国の潜水艦について、中国海軍所属と確認した。潜水艦は12日に公海上で中国国旗を掲げて航行した。防衛省によると、中国潜水艦が尖閣の接続水域を航行したのは初めて。杉山晋輔外務事務次官は中国の程永華駐日大使に電話で「新たな形での一方的な現状変更だ」と厳重抗議した。

 潜水艦に接続水域を航行させた中国海軍の意図に関し、日本政府は情報収集と分析を本格化させる方針。外交ルートを通じ、事実関係の説明を中国側に近く求める。


(共同通信)