経済

地銀利益、5年ぶり1兆円割れか 18年3月期、資金需要縮小で

 東京証券取引所などに上場する地方銀行82社(持ち株会社を含む)の2017年4~12月期決算が14日、出そろった。低金利や人口減少を背景とする資金需要の縮小で純利益の合計は前年同期比17・9%減の8179億円となった。全体の約6割に当たる49社が減益だった。18年3月期の通期予想は、純利益合計が前期比13・4%減の9211億円と5年ぶりに1兆円を割り込む公算だ。

 日銀の大規模な金融緩和策のあおりを受け、多くの地銀で本業である貸し出しの利ざやが縮小。資産運用や手数料収入といった他の部門での穴埋めはできていない。


(共同通信)