政治

予算案、今夜にも衆院を通過 野党、委員長の解任案を提出へ

 委員長席に野党委員らが詰め寄る中、与党の賛成多数で2018年度予算案を可決した衆院予算委=28日午後

 衆院予算委員会は28日、一般会計総額が97兆7128億円と過去最大となる2018年度予算案を自民、公明両党の賛成多数で可決した。同日夜にも本会議で採決し、衆院を通過する見通しだ。安倍晋三首相は早期成立へ意欲を示した。野党は、働き方改革関連法案の裁量労働制を巡る不適切データ問題に猛反発。河村建夫予算委員長の解任決議案を衆院に提出した。裁量制を巡る与野党対立がヤマ場を迎えた。

 首相は「早期成立が最大の景気対策だ。施策を着実に実施して、経済の成長軌道を確かなものにしたい」と述べた。政府、与党は27日の衆院通過を目指したが、野党と合意できず、採決日程を遅らせた。


(共同通信)