政治

野党、森友問題別文書の存在追及 書き換え疑惑で国会紛糾

 森友学園を巡る財務省の決裁文書書き換え疑惑について、合同集会を開き気勢を上げる野党議員=8日午後、国会

 野党6党は8日、学校法人「森友学園」への国有地売却問題に関する決裁文書書き換え疑惑を巡り、財務省が国会に提出したものとは別の文書が存在するとみて追及を強めた。財務省がこれまでの開示文書と同じ内容の決裁文書を「原本」の写しとして示し、書き換えの有無を明言しなかったことに猛反発。国会は衆院本会議が流会するなど紛糾し、不正常な状態になった。与党は、野党欠席のまま参院予算委員会の集中審議を続行した。

 安倍晋三首相は予算委で、財務省が説明責任を果たすよう「最大限努力してもらいたい」と強調した。財務省は書き換えがあったかどうか「調査中」としている。


(共同通信)