経済

輸入制限「極めて遺憾」と経産相 WTOの枠組みで対応検討

 世耕弘成経済産業相は9日、閣議後の記者会見で、米国が発動を決めた鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について「極めて遺憾だ」と述べ、世界貿易機関(WTO)の枠組みのもとで話し合いをしていく考えを示唆した。10日にブリュッセルで行われる日米欧の貿易大臣担当会合の際に、対応を協議する考えも示した。

 会合には、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表と欧州連合(EU)の通商担当閣僚に当たるマルムストローム欧州委員が出席する。世耕氏はそれぞれとの個別会談も予定している。

 世耕氏は「一方的措置の応酬に陥るのはどの国の利益にもならないということは伝えていきたい」と強調した。


(共同通信)