経済

中国、資金依存型の成長から転換 人民銀の周総裁が会見

 【北京共同】中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が9日、記者会見し「大量の資金投入に頼って経済を成長させるやり方は変わっていく」と述べ、習近平指導部が掲げた「質」重視の成長を追求する方針に基づき、通貨供給量を抑制していく考えを示した。

 開催中の全国人民代表大会(全人代)に合わせて北京で会見した。

 周氏は、「過去の成長の『量』を追求していた時代は資金投入が比較的多く、それによって経済を刺激してきた。中国の通貨供給量は既に相当大きくなっている」と指摘。既に市場に投入されている資金の効率的活用を進めれば、資金供給を絞っても資金不足は起きないとの考えを示した。


(共同通信)