くらし

皇居・乾通り公開は24日から サクラ植え替え後は初

 宮内庁は14日、春の皇居・乾通りの一般公開を、24日~4月1日に実施すると発表した。昨年は樹木の植え替えで中止だったため、春としては2年ぶりとなる。ソメイヨシノ43本を中心に、サクラが植え替え前の12品種75本から31品種103本に増えているのが見どころだ。宮内庁は24~26日に満開になると見込んで時期を設定した。

 東京駅側の坂下門から入り、宮内庁の庁舎前を通って乾門に抜ける約750メートルが公開される。入門時間は午前10時~午後3時半。春としては、これまでより30分長くなった。


(共同通信)