社会

自殺生徒命日に同級生訪問、福井 「21人の日々、忘れない」

 亡くなった男子生徒の自宅を訪れた同級生ら=14日午後、福井県池田町

 昨年3月に福井県池田町立池田中2年の男子生徒=当時(14)=が、担任らの厳しい指導や叱責を受けて自殺してから1年となる14日、同級生20人全員が男子生徒の自宅を訪れた。代表の女子生徒が男子生徒の母親らに「21人で過ごした日々を忘れずにこれからも過ごしていこうと思います」とあいさつした。

 同級生は教頭らに付き添われ訪問。1人ずつ男子生徒の遺影に手を合わせ、花を手向けた。同級生は母親らに、生徒会での活動など男子生徒との思い出をつづったメッセージも手渡した。中には「何であの時(悩みに)気付くことができなかったのか」と後悔をにじませたものもあった。


(共同通信)