くらし

山形で最大級の日本酒品評会 1600銘柄が最高賞競う

 世界最大級のワイン品評会「IWC」の日本酒部門審査会で味を確かめる審査員=13日、山形市

 世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門の審査会が13日、4日間の日程で山形市で始まった。456社から出品された過去最多の1639銘柄から純米大吟醸や純米酒など9部門で最高賞を選び、18日に発表する。

 13日は15の国・地域から集まった約60人の審査員が、銘柄を隠すため白い袋に入れられた瓶から日本酒をグラスに注ぎ、味や香りを確かめながら意見を交わした。

 IWCは英国の出版社主催で、日本での日本酒部門審査会の開催は2012年の東京都、16年の兵庫県に続き3回目。


(共同通信)