国際

米朝首脳会談は計画通り 「同盟国と連携継続」

 【ワシントン共同】北朝鮮が米韓両軍の共同訓練を理由に南北閣僚級会談の延期を通知し、米朝首脳会談を中止する可能性を警告したことについて、米ホワイトハウスのサンダース報道官は15日「報道を把握しており、われわれは北朝鮮の発表を独自に分析する」とした上で「同盟国とは緊密な連携を続ける」と強調する声明を出した。

 国務省のナウアート報道官は記者会見で、北朝鮮側から情報を得ていないとして、現時点では首脳会談を計画通りに進める考えを示した。北朝鮮が定例共同訓練を非難したことに、国防総省のマニング報道部長は「同盟国として定例で実施している訓練で防衛目的だ」と主張した。


(共同通信)