エンタメ

オリジナル・サウンドトラック『ザ・サーチャー』 栄光の陰に隠されていた真のエルヴィスの姿が

 オリジナル・サウンドトラック『ザ・サーチャー』

 ザ・サーチャー(探求者)と題された本作品はこの4月にアメリカのHBOで初放映されたトム・ジムニー監督によるエルヴィス・プレスリーのドキュメンタリー映画のサウンドトラックです。キング・オブ・ロックンロールといわれるエルヴィスですが、一般的には『ブルー・ハワイ』などでのハリウッドスター、あるいは派手な衣装のラスヴェガスのショーというイメージが先行します。しかしそれは彼の虚像とも言えるほんの一部の姿であり、実際は今日のアメリカン・ポップスのベースを作った想像力豊かな天才であったことを、このドキュメンタリーとサントラは伝えてくれます。

 あらゆるものを取り入れる才能に恵まれた彼は、本来別のジャンルとして扱われていたブルース、ロックンロール、ブルーグラス、カントリー、白人教会音楽、黒人ゴスペル、と言った多様な音楽を天賦のヴォーカルで繋ぎ合わせたのです。そこに至るまでの探求者プレスリーの真の姿を、レアなライヴ録音を含め時代を追って聴かせてくれます。

(ソニー・ミュージック・4800円+税)=北澤孝

ザ・サーチャー~オリジナル・サウンドトラック[デラックス版]
エルヴィス・プレスリー
SMJ (2018-05-09)
売り上げランキング: 1,550

(共同通信)