くらし

「時の記念日」祝う漏刻祭、大津 天智天皇祭る近江神宮

 大津市の近江神宮で開かれた漏刻祭=10日

 「時の記念日」の10日、日本で最初に時刻制度を定めたとされる天智天皇を祭る近江神宮(大津市)で、時計業界の関係者ら300人以上が参列し、時の歩みに感謝をささげる漏刻祭が開かれた。

 采女の装束をまとったびわ湖大津観光大使の女性や、時計技術者を養成する地元専門学校の学生が、国内時計メーカーの新製品の壁掛け時計などを神前に奉納。佐藤久忠宮司(83)は「どんなに貧富の差があっても時は平等に権利を与えてくれる。時を大事にして平和な世界をつくっていきたい」とあいさつした。

 大阪府の英語教師の男性(28)は「初めて訪れたが舞楽や衣装が珍しくて面白かった」と話した。


(共同通信)