国際

非核化は「段階的」と北朝鮮報道 米と立場の隔たり早くも露呈

 会談で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(朝鮮中央通信撮影・共同)

 【シンガポール共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、シンガポールで開かれた米朝首脳会談の結果を報じ、両首脳が朝鮮半島の非核化を実現する過程で「段階別、同時行動の原則」の順守が重要との認識で一致したと伝えた。北朝鮮が求めてきた非核化の段階的措置を、米側が容認したと取れる内容。

 トランプ米大統領は米メディアのインタビューで、金正恩朝鮮労働党委員長が帰国後直ちに非核化プロセスに着手するとの見方を示したが、基本的な立場の隔たりが早くも露呈し、非核化実現には曲折が予想される。トランプ氏が取り上げたとする日本人拉致問題への言及はなかった。


(共同通信)