経済

チョコの形状で商標登録認めず キットカットでEU司法裁

 四つのチョコレートバーを連ねた形状のネスレの「キットカット」(上)と、似た形をしたノルウェーのチョコレート菓子=25日(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】欧州連合(EU)司法裁判所(ルクセンブルク)は25日、スイス食品大手ネスレのチョコレート菓子「キットカット」の4フィンガーと呼ばれる形状について、EU商標登録として認めないとの判断を示した。欧州メディアが伝えた。

 ネスレは、食べやすいように四つのチョコレートバーを連ねたキットカットの形状は独特で、EU内で十分知名度があると主張していた。

 EU知的財産庁は2006年に4フィンガーの商標登録を認めたが、競合会社が不服としてEU司法裁に提訴。一審に当たる一般裁は16年に知名度が十分ではないとして登録を無効とし、ネスレが上訴していた。


(共同通信)