芸能・文化

上島竜兵が宙づりミッション 「CCDで気持ち変わる」

 トム・クルーズ主演映画「ミッション・インポッシブル フォールアウト」の大ヒット御礼イベントが東京都内で開かれ、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)が登場した。

 伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクション映画の最新作。上空7600メートルからの超高速スカイダイビングなど、クルーズが見せる命がけのスタントが話題だ。

 イベントでは、上島がクルーズに負けじと、高さ約3メートルのワイヤアクションに挑戦した。

 肥後がスタッフに「途中で1本ワイヤが切れるようにしてください」と耳打ち。寺門も「僕らはハプニングが好きなんです」と悪のりすると、上島は「ハプニングじゃなくて事故だよ」と激怒した。

 さんざん不平を並べていた上島だが、CCDカメラが付いたヘルメットをかぶると「CCDカメラが付いたら、われわれリアクション芸人はちょっと気持ちが変わるんですよ」と、一転して精悍な表情に。

 「イーサン・ハントー!」「(字幕翻訳の)戸田奈津子ー!」と叫びながら宙づりにされ、体当たりで“ミッション”を完了させた。


(共同通信)