経済

米、FTA念頭に2国間交渉を 対日赤字削減へ要求

 日米の新たな閣僚級貿易協議に臨む茂木経済再生相(右)とライトハイザー米通商代表部代表(手前左)=9日、ワシントン(代表撮影・共同)

 【ワシントン共同】日米両政府は9日午後(日本時間10日午前)、新たな閣僚級貿易協議の初会合を米ワシントンで開いた。対日貿易赤字の削減を狙うトランプ米政権は、自由貿易協定(FTA)を念頭にした2国間の交渉を日本に要求した。10日に2日目の会合を開くことも決めた。日本経済の屋台骨を支える自動車や、食に直結する農業などで防戦が予想される。

 日本は茂木敏充経済再生担当相、米国はライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が出席した。9日の協議は約2時間半で、事務担当者を含む全体会合の後、大半を両閣僚の直接会談に費やした。

 茂木氏は「意見交換ができた」と強調した。


(共同通信)