社会

関空、21日以降通常運航 破損連絡橋の橋桁撤去完了

 タンカーの衝突で損傷した橋桁の撤去が完了した関西空港の連絡橋=14日(西日本高速道路提供)

 台風21号の影響で破損した関西空港連絡橋の自動車専用道路を管理する西日本高速道路は14日、鉄道路線側にずれた橋桁2本のうち残っていた1本の撤去作業を終えた。鉄道部分の復旧作業が加速し、関空の二つのターミナルの全面再開に合わせ、21日の運転開始を目指す。関空を運営する関西エアポートは同日以降、通常の運航スケジュールに戻ると発表した。

 鉄道部分を保有する新関西国際空港から委託を受けたJR西日本は、衝突の影響で約50センチずれた鉄道の橋桁を戻す準備作業に着手。大きな損傷がなければレールの補修や損傷機材を交換し、21日にも運転を再開する。


(共同通信)