社会

台風消滅、停電解消急ぐ 4人死亡、けが200人

 クレーンのアームが折れた新築マンションの工事現場=1日午後0時53分、東京都品川区(共同通信社ヘリから)

 日本列島を縦断した大型で強い台風24号は1日正午、勢力が弱まって北海道の東の太平洋上で温帯低気圧に変わった。電力各社は静岡県を中心に全国で一時100万戸を超えた停電の復旧を急いだほか、首都圏ではJR在来線を中心にダイヤの乱れが続いた。

 今回の台風の影響で山梨、滋賀、京都、鳥取各府県で計4人が死亡。共同通信の集計では30都府県で計200人が負傷した。宮崎市で1人が用水路に落ち、行方不明になった。

 台風の進路に当たった各地域では送電設備の損傷が相次いだ。電力各社が復旧作業を進め、解消に向かった。


(共同通信)