スポーツ

ソフトB、本多内野手が現役引退 10、11年の盗塁王

 ソフトバンクは1日、本多雄一内野手(33)が今季限りで現役を引退すると発表した。2010、11年には盗塁王に輝いたが今季は若手の台頭があり、出場32試合にとどまっていた。3日にヤフオクドームで引退記者会見を開く。

 鹿児島実高、三菱重工名古屋を経て06年に大学生・社会人ドラフト5巡目でソフトバンク入り。俊足の二塁手として11年にはベストナインにも選ばれた。通算1312試合で打率2割7分6厘、15本塁打、347打点で342盗塁をマークした。


(共同通信)