国際

ミャンマー、日本人観光ビザ免除 アジア客誘致を強化

 【ヤンゴン共同】ミャンマー政府は1日から日本人観光客の査証(ビザ)を免除した。成田からの全日空便で旅行者がヤンゴン空港に到着し、ホテル・観光相のオン・マウン氏が記念品を手渡し「ミャンマーのもてなしの心を感じてほしい」と歓迎した。

 来年9月30日までの1年間、日本人観光客はビザなしで30日間滞在できる。全日空便で到着した書道家の宮田天風さん(54)は「人の優しさや安全さを日本に伝えたい」と語った。

 ミャンマーはイスラム教徒少数民族ロヒンギャ問題によるイメージ悪化で欧米人観光客が減少。アジアからの観光客誘致を強化している。1日、韓国人のビザも免除した。


(共同通信)