社会

香港便で国交省に質問状 大阪空港近い兵庫・川西市

 大阪(伊丹)空港と香港を結ぶ臨時便が今月17、21日に運航されることについて、兵庫県川西市が運航決定の根拠などを問う質問状を国土交通省に送ったことが2日、分かった。空港に近い川西市では、増便で騒音が増すことを懸念する声が上がっている。

 臨時便は台風21号で被災した関西空港便振り分けの一環。川西市によると、9月26日付の質問状では、関空の機能がほぼ復旧した状況で臨時便を運航する理由や、大阪空港に振り分ける期限について回答を求めた。

 川西市を含む周辺自治体でつくる大阪国際空港周辺都市対策協議会(10市協)は9月、国際線を含む40便の増便受け入れを容認した。


(共同通信)