芸能・文化

「ウェストサイド物語」再映画化 スピルバーグ監督

 スティーブン・スピルバーグ監督(ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】米国の名作ミュージカル映画「ウェストサイド物語」(1961年)のリメークを、スティーブン・スピルバーグ監督が手掛けることが1日までに決まった。米芸能メディア「デッドライン」などが伝えた。

 主役のトニー役には映画「ベイビー・ドライバー」で注目を集めた俳優アンセル・エルゴートさんを起用する。撮影開始は来年夏という。

 ウェストサイド物語はシェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」を基につくられたミュージカルの映画化作品。アカデミー作品賞や同監督賞などを受賞した。


(共同通信)