社会

大阪市、米姉妹都市と関係解消へ 慰安婦像問題で市長が通知

 米サンフランシスコ市に姉妹都市関係解消を通知する書簡を送ったことについて説明する大阪市の吉村洋文市長=2日午後、大阪市役所

 大阪市は2日、米サンフランシスコ市のロンドン・ブリード市長に対し、姉妹都市関係解消を通知する吉村洋文市長名の書簡を送ったと発表した。旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の寄贈を受け入れたことに関し、見解をただした書簡に返答がなかったためとしている。

 サンフランシスコ市では中国・韓国系の地元団体が民有地に少女像と碑文を設置し、昨年10月に同市へ寄贈。エドウィン・リー前市長が同11月、寄贈の受け入れを決める文書に署名した。

 吉村市長は今年7月、少女像の受け入れを決めたリー前市長の方針への見解をただす書簡を送り、9月末までの回答を求めていた。


(共同通信)