くらし

5道県の蔵元、仏三つ星に進出 常連客狙い、6銘柄をお披露目

 フランスの三つ星レストラン向けに日本酒を開発した5道県の蔵元関係者ら=2日午後、東京都内

 北海道など5道県の蔵元がフランスの三つ星レストラン向けに日本酒を開発した。現地の常連客をターゲットに、味や香り、ラベルのデザインにこだわった。東京都内で2日開いた記者会見で6銘柄をお披露目した。

 国稀酒造(北海道)の「キュヴェ ルイ・ロブション」や、豊島屋(長野)の「神渡 レクスプレシオン・デュ・タカネニシキ」などで、フランス料理との相性を意識した。各80~800本限定で、価格は100~500ユーロ(約1万3100~6万5500円)。影響力のある食通に味わってもらうことで日本酒の認知度を上げたい考えだ。


(共同通信)