政治

首相、自民主導の改憲強調 第4次安倍改造内閣発足

 第4次安倍改造内閣の初閣議を終え、記念撮影に臨む安倍首相(前列中央)と閣僚ら=2日夜、首相官邸

 第4次安倍改造内閣は2日午後、皇居での認証式を経て発足した。安倍晋三首相は官邸で記者会見し、今月下旬召集の臨時国会への憲法改正案提出に向け、自民党として指導力を発揮する考えを強調した。公明党との調整を巡り「真摯に議論する。具体的条文を示さなければ、理解は得られない」と述べた。「生涯現役社会」に向けた社会保障制度改革にも意欲を示した。

 会見で首相は「自民党がリーダーシップを取り、次の国会に改正案を提出すべきだ」と明言。衆参両院での改憲案発議を受けた国民投票の時期を巡っては「国会の議論次第だ。与野党の幅広い合意を得られるよう努力する」と述べるにとどめた。


(共同通信)