社会

停電で報知機鳴動、相次ぐ 火災と誤認、地震や台風で

 北海道の地震による全域停電(ブラックアウト)で、火災報知機のバッテリー切れや電圧低下を示す警報が鳴り、火災と誤認した119番などの緊急通報が札幌市だけで約700件に上ったことが2日、市消防局への取材で分かった。

 総務省消防庁は同日、台風21号の影響で停電した関西圏でも同様の通報が相次ぎ、台風24号で停電が起きた長野、静岡、岐阜、愛知、三重の各県でも懸念があるとして、注意喚起を徹底するよう全都道府県と政令市に通知した。


(共同通信)