スポーツ

女子バレー日本3勝目、2次Lへ 世界選手権

 日本―カメルーン 第2セット、ボールを追う黒後=横浜アリーナ

 バレーボール女子の世界選手権第5日は3日、横浜アリーナなどで行われ、1次リーグA組で世界ランキング6位の日本は同18位のカメルーンを3―0で退け、3勝1敗とした。前の試合でメキシコが敗れた時点で日本の4位以上が確定し、突破が決まった。

 日本は第1セット、黒後(東レ)の強打などで25―19と先取した。第2セットは石井、長岡(ともに久光製薬)らが得点して25―20で連取。第3セットも攻撃が好調で25―11と奪った。

 A組はオランダがアルゼンチンに3―0で勝って4連勝。ドイツも3―0でメキシコを下して3勝1敗とし、オランダに続き2次リーグ進出を決めた。


(共同通信)