スポーツ

フェンシング協会、専門家を公募 ビジネス戦略立案、組織強化へ

 専門家の公募について説明する日本フェンシング協会の太田雄貴会長=4日午後、東京都渋谷区

 日本フェンシング協会は4日、転職サイト運営のビズリーチを通じ、協会の事業や収益構造改革の方針を立案する「経営戦略アナリスト」など4職種の公募を開始した。組織の基盤強化へビジネス界で活躍する専門家を集めるために「副業、兼業限定」としており、五輪銀メダリストの太田雄貴会長は「志の高い方に来てほしい」と語った。

 他に募集するのは、発信活動を管理する「PRプロデューサー」、協会の登録者拡大を図る「マーケティング戦略プロデューサー」、強化戦略の立案を担う「強化本部ストラテジスト」。いずれも専門分野での業務経験が応募資格となっている。


(共同通信)