スポーツ

クリンチャーは1番ゲート フランス競馬の凱旋門賞

 フランス競馬のフォワ賞に出走したクリンチャー(中央)=9月16日、ロンシャン競馬場

 フランス競馬の凱旋門賞(7日・パリロンシャン競馬場2400メートル芝19頭、G1)の枠順が4日に決まり、昨年の菊花賞2着、今年の天皇賞・春3着で武豊騎乗のクリンチャー(4歳牡馬、宮本博厩舎)は1番ゲート、馬番9となった。

 有力馬では、連覇を狙うエネイブル(英国)が6番ゲート(馬番10)、G1連勝中のシーオブクラス(英国)が15番ゲート(馬番19)、ディープインパクト産駒でフランスダービー馬のスタディオブマン(フランス)は19番ゲート(馬番14)。

 日本中央競馬会(JRA)が7日午前7時からインターネットなどで発売する馬券は馬番での投票となる。(共同)


(共同通信)