社会

沿線火災で運転見合わせ 京浜東北線、夜間に3時間

 沿線火災の影響で止まった京浜東北線の列車から降りる乗客=5日夜、JR大森駅付近

 5日午後8時ごろ、東京都大田区のJR大森―蒲田間の線路沿いの建物から出火し、周辺の住宅や店舗を焼いた。けが人はなかった。火災の影響で帰宅時間帯の京浜東北線が大宮―大船間などで約3時間にわたって運転を見合わせた。午後11時ごろに運転を再開したが、大井町駅では混雑に伴い一時入場規制が行われた。JR東日本によると、約9万人に影響した。

 JR東日本によると、東海道線も一部で運転を停止した。警視庁大森署や東京消防庁が詳しい出火原因を調べている。


(共同通信)