政治

ポンペオ氏、拉致再提起へ 米朝交渉を前に首相と会談

 ポンペオ米国務長官(左)と握手する安倍首相=6日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は6日、ポンペオ米国務長官と官邸で会談した。ポンペオ氏は翌7日に平壌で予定している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談の際、日本人拉致問題を改めて提起する意向を伝えた。首相は、非核化交渉を巡る対応方針をポンペオ氏から聴取した。非核化プロセスに加え、北朝鮮が求める朝鮮戦争の終戦宣言を巡り意見調整したとみられる。

 ポンペオ氏が拉致問題を取り上げる方針を表明したことで、首相としては北朝鮮をにらんだ緊密な日米連携をアピールした形となった。7日の米朝交渉の結果を踏まえた上で、首相は日朝首脳会談の実現可能性を引き続き模索する構えだ。


(共同通信)