芸能・文化

オペラ歌手のカバリエさん死去 20世紀最高のソプラノ、85歳

 死去したモンセラ・カバリエさん=2005年(ロイター=共同)

 モンセラ・カバリエさん(スペインのソプラノ歌手)スペインのメディアによると6日、同国北東部バルセロナの病院で死去、85歳。死因は明らかにされていないが、9月から胆のうの病気で入院していたとされる。

 33年、バルセロナ生まれ。美声と高い歌唱力でオペラのスター歌手となり、20世紀最高のソプラノ歌手の一人とも言われる。レパートリーは幅広く、バロック時代からR・シュトラウスのオペラまで約90の役を演じた。

 英ロックバンド「クイーン」のボーカル、故フレディ・マーキュリーさんと共演した歌は92年のバルセロナ五輪のテーマ曲となった。(パリ共同)


(共同通信)