スポーツ

国体、福井の天皇杯獲得決まる 開催都道府県が3年ぶりV

 成年男子1万メートル競歩決勝 39分5秒44で優勝した静岡・池田向希=福井県営陸上競技場

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第9日は7日、福井県営陸上競技場などで行われ、2日を残して福井の50年ぶり2度目の男女総合優勝(天皇杯獲得)が決まった。開催都道府県が天皇杯を手にするのは3年ぶり。福井は初の女子総合優勝(皇后杯獲得)も確定した。

 陸上の成年男子1万メートル競歩は池田向希(静岡・東洋大)が39分5秒44で優勝。同走り高跳びはジャカルタ・アジア大会銅メダルの戸辺直人(千葉・つくばツインピークス)が2メートル25で、成年女子やり投げは北口榛花(北海道・日大)が58メートル83で制した。


(共同通信)