政治

河野氏、対アフリカ「質で支援」 閣僚会合で表明

 東京都内のホテルで開かれたTICAD閣僚会合の閉会式=7日午後

 日本とアフリカ諸国が協力について話し合うアフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合が7日、東京都内で閉幕した。河野太郎外相は閉会式後の記者会見で、相手国の財政状況にも配慮した日本主導の「質の高いインフラ」整備を通じ、アフリカの経済成長を支援する考えを示した。巨額の援助で進出を図る中国を強く意識した形だ。

 中国はアフリカでインフラ整備を加速。国際社会からは相手国が債務不履行に陥りかねないとの批判が出ている。河野氏は会見で、日本は開発の過程で現地の雇用創出や人材育成に貢献すると訴えた上で「国際的なスタンダードに合致した整備をしっかりやっていく」と述べた。


(共同通信)