政治

日米、北朝鮮非核化へ連携強化 外相が電話会談、終戦宣言も議題

 ポンペオ米国務長官と電話会談後、取材に応じる河野外相=8日夜、外務省

 河野太郎外相は8日夜、ポンペオ米国務長官と電話会談し、朝鮮半島の非核化に向けて日米が連携を強化する方針で一致した。ポンペオ氏は、7日に訪朝した結果を説明。外務省関係者によると朝鮮戦争の終戦宣言についても議題になった。内容は明かさなかった。

 電話会談後、河野氏は記者団に、北朝鮮が豊渓里の核実験場廃棄を証明するため査察官を受け入れる考えを示したことに関し「一つの前進かもしれない」と述べた。

 河野氏によると、電話会談でポンペオ氏は、7日に金正恩朝鮮労働党委員長と会談した際、拉致問題を念頭に日朝間の問題を改めて提起したと報告があったという。


(共同通信)