国際

楊振亜氏死去 元駐日中国大使

 楊振亜氏

 楊 振亜氏(よう・しんあ=元駐日中国大使)新華社電によると9月8日、病気のため北京で死去、90歳。

 28年、遼寧省大連生まれ。共産党の青年組織、共産主義青年団(共青団)幹部から外交官に転身。88~93年に駐日大使を務め、当局が学生らを武力弾圧した89年の天安門事件で冷え込んだ日中関係の改善や、92年の天皇陛下訪中の実現に尽力した。

 99~03年に日中関係の在り方を話し合う「日中友好21世紀委員会」の座長として対日外交に携わった。02年に日中友好に貢献したとして勲一等瑞宝章を受章した。(北京共同)


(共同通信)