経済

東証で株式システムに障害 大手証券、相次ぎ注文停止

 東京証券取引所=東京都中央区日本橋兜町

 東京証券取引所は9日朝、株式売買などのシステムで障害が発生したと発表した。証券会社とつなぐ回線に問題が生じてサーバーに接続できなくなり、原因を調べている。予備的な回線を使い通常通り午前9時に取引が始まったが、野村証券や大和証券で一部の銘柄の注文が受け付けられなくなるなど、大手証券で注文停止が相次いだ。顧客にも悪影響が波及した恐れがある。

 SMBC日興証券は、顧客からの売り注文は受け付けているものの、買い注文の受け付けを一時停止した。

 みずほ証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券でもインターネットを使った注文を止めるなどの対応に追われた。


(共同通信)