政治

首相、ロヒンギャ尽力を「評価」 スー・チー氏に

 会談を前に握手する安倍首相(左)とミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=9日夕、東京・迎賓館(代表撮影)

 安倍晋三首相は9日、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と東京・迎賓館で会談した。ミャンマーから隣国バングラデシュに逃れたイスラム教徒少数民族ロヒンギャの早期帰還の問題に関するスー・チー氏の取り組みに触れ「尽力を評価する」と伝達。ミャンマーの民主化支援を続ける方針も表明した。

 ロヒンギャ問題を巡ってはミャンマーへの国際社会の非難が強まっている。日本はミャンマーの民主的な対応を後押しする姿勢を明確にした。

 首相は会談で、ロヒンギャ問題について「帰還民の受け入れに向けた環境整備や国内避難民の再定住を実現することが重要だ」と強調した。


(共同通信)