社会

関空旅客施設が11日に本格復旧 伊丹、神戸の振り分け便も終了

 4日、混雑する関西空港の国際線出発ロビー

 国土交通省は10日、台風21号で大きな被害を受けた関西空港旅客ターミナルが11日に本格復旧する見通しになったと発表した。一部で残っていた故障設備の修理が完了するためで、大阪(伊丹)、神戸両空港への関空便振り分けも終了する。

 これに伴い、日本航空は10日、国際線初の振り分けとして予定していた17日の香港発大阪着、21日の大阪発香港着の計2便を関空発着に変更すると発表した。

 振り分けは、関空の本格復旧までの代替策として大阪、神戸2空港の地元自治体が受け入れを決めた。大阪では9月14~17日に40便、神戸では9月16、17日に4便の国内線が代替運航された。


(共同通信)