社会

大津中2自殺7年で父親が会見 「いじめ防止法の浸透を」

 記者会見でコメントを読み上げる男子生徒の父親=11日午後、大津市

 学校でいじめを受けた大津市立中2年の男子生徒=当時(13)=が2011年に自殺してから7年となった11日、男子生徒の父親(53)が同市で記者会見し「いじめ防止対策推進法が全ての教育現場に浸透していない」と述べ、いじめによる自殺や不登校が全国的に後を絶たない現状に警鐘を鳴らした。

 父親は、男子生徒の自殺を受け、大津市が小中学校に配置した「いじめ対策担当教員」などの施策を例に挙げ「大津市の取り組みが全国に広がり、子どもが安心して通える学校になるよう強く望む」と話した。

 男子生徒の通っていた中学では11日、命の大切さを考える全校集会が開かれた。


(共同通信)