社会

近大マグロ、また台風被害 3700匹死に被害総額2億円

 近畿大は11日、鹿児島県瀬戸内町の水産研究所奄美実験場が台風24号で被災し、養殖していた「近大マグロ」約3700匹(計約38トン)が死んだと発表した。被害総額は約2億円に上る。台風21号では和歌山県串本町の養殖施設が被災し、約1億円の被害が出ていた。

 近大によると、台風24号が九州南部に接近した9月29日から30日にかけて、海上の八つのいけすを強風と高波が襲った。海水の濁りで視界不良になったことや、波に激しく揺られたことでマグロがパニックに陥り、いけすの網に衝突して傷ついたとみられる。ほかにクエ約5千匹も被害を受けた。


(共同通信)