政治

首相、自衛隊追悼式に出席 「殉職隊員の遺志受け継ぐ」

 自衛隊殉職隊員追悼式に参列し、献花に向かう安倍首相=13日午前、防衛省(代表撮影)

 安倍晋三首相は13日午前、防衛省での自衛隊殉職隊員追悼式に参列し「尊い犠牲を無にすることなく、遺志を受け継ぎ、国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜く。世界の平和と安定に貢献するため全力を尽くす」と追悼の辞を述べた。

 同時に「強い使命感と責任感を持って職務の遂行に全身全霊をささげた皆さまは、この国の誇りだ」とも述べた。岩屋毅防衛相は「不幸な事態が再び起こることがないよう最善を尽くす」と誓った。

 式では、2月に佐賀県神埼市の住宅に墜落した陸上自衛隊目達原駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターの乗組員2人ら計30人を追悼した。


(共同通信)