政治

首相、消費増税を表明へ 予定通り来年10月に10%

 安倍首相

 安倍晋三首相が15日の臨時閣議で、消費税率を予定通り2019年10月に8%から10%へ引き上げる方針を表明することが14日、分かった。国内経済の回復基調が続き、一定の家計負担は乗り切れると判断。景気悪化を防ぐ対策の立案を関係閣僚に指示し、11月中にも大枠をまとめる。増税時に飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率が導入されるため、準備加速を求める見通しだ。

 増税には高齢化で膨らむ社会保障費の財源を安定的に確保するほか、看板政策の教育無償化の経費を賄う目的がある。首相はこれまで2度先送りしたが、今度は事実上退路を断つ形となり、財政運営の節目となる。


(共同通信)