政治

日中の有識者が安全保障を議論 福田氏「日中が秩序守る責任」

 「東京―北京フォーラム」で基調講演する福田元首相=14日、東京都港区

 日中の政財界人らが外交や安全保障を議論する「東京―北京フォーラム」が東京都で14日、2日間の日程で開幕した。フォーラムの最高顧問を務める福田康夫元首相は基調講演で、国際秩序を支えてきた欧米に疲労感が漂っており「日中は秩序を守るために、共に責任を果たしていかなければならない」と訴えた。

 中国の対外宣伝を担う徐麟国務院新聞弁公室主任は、トランプ米政権を念頭に「中国と日本は、多国間主義と自由貿易を守らなければならない」と述べた。

 五つの分科会に約90人が参加。政治と外交の分科会は、今年が締結40年の日中平和友好条約を取り上げた。


(共同通信)