政治

沖縄、玉城氏支援の元市議初当選 豊見城市長選

 沖縄県豊見城市長選で当確の速報に、万歳して喜ぶ山川仁氏(中央)と玉城デニー知事(左)ら=14日夜、沖縄県豊見城市

 任期満了に伴う沖縄県豊見城市長選が14日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する玉城デニー知事が支援した新人の元市議山川仁氏(44)=立民、国民、共産、社民、自由、沖縄社大推薦=が、新人の元市議宜保安孝氏(41)=自民、維新、希望推薦=と、現職宜保晴毅氏(50)を破り、初当選した。投票率は53・28%。

 玉城氏が4日に知事に就任して以降、県内では初の市長選だった。初戦を制したことで、県政運営の弾みにしたい考えだ。玉城氏は14日夜、山川氏の事務所で「ぶれることなく新時代の沖縄に向かって力を合わせて取り組みたい」と記者団に語った。


(共同通信)