経済

NY株、一時220ドル超安 IBMが下げ主導

 ニューヨークのウォール街(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、四半期決算が市場予想を下回った米IBMが相場全体の下げを主導し、下げ幅が一時220ドルを超えた。前日に547ドル高と急伸したため、当面の利益を確定させるための売り注文も出た。

 午前10時現在は前日比219・02ドル安の2万5579・40ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は12・65ポイント安の7632・84。


(共同通信)