政治

青山雅幸衆院議員が立民離党 セクハラ指摘に法的措置

 立憲民主党に離党届を提出し、記者会見する青山雅幸衆院議員=18日午後、静岡県庁

 青山雅幸衆院議員(比例東海、立憲民主党員資格停止中)は18日、地元の静岡県庁で記者会見し、離党届を党本部に提出したと発表した。県内の女性市議から指摘された元支援者女性へのセクハラは事実無根だとして法的措置を取る考えを示した。「党に迷惑を掛ける恐れもあり、やむを得ず離党する」と述べた。離党届は同日、受理され、今後は無所属で活動する。

 立民の福山哲郎幹事長は国会内で会見し、青山氏に数日前、離党を促したことを明らかにした上で「静岡県民に心からおわびする。(地方組織の)態勢を立て直したい」と語った。

 青山氏は弁護士で、昨年10月の衆院選で初当選した。


(共同通信)