国際

ネットの反政府活動支援か 行方不明のサウジ人記者

 【ロンドン共同】英ニュースサイト、インディペンデントは18日、トルコで行方不明となったサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、インターネット上でサウジに対する反政府活動を行うグループを支援していたと報じた。グループはカショギ氏がこのために狙われた可能性があるとしているという。

 反政府活動家らのグループは「蜂軍団」。カショギ氏の知人でカナダに拠点を置くサウジ人、オマル・アブドルアジズ氏が創設、ネット上で反政府の言論活動を行っていた。インディペンデントによると、カショギ氏は最近、同グループに5千ドル(約56万円)を寄付した。


(共同通信)